自動車重量税、別名重量税というものは日本の自動車やドイツ車という愛車の生産国や四輪駆動車、ハイルーフ車等車の形に例外なく例えば、ダイハツやフォード、などにも同じように納付しなくてはいけない税のことをいいます。80-16-100

新車登録の場合、もしくは車検を受ける際に納税が必要なものです。80-6-100

金額はそれぞれの車の車重で決定されます。80-9-100

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全く別の税金のため、しっかり理解して勘違いしないようにする必要があります。80-7-100

「自動車重量税というものはクルマの大きさによって」「自動車税とはクルマの総排気量毎に」金額が異なります。80-5-100

それにより、売却する場合の扱われ方変わりますし注意が必要です。80-20-100

クルマを買い取ってもらうときには既に納めた重量税がどれだけ残っていたとしても、その額が戻ってくるようなことはありません。80-12-100

一方自動車税であれば、既に支払った額を売却額に乗せてくれるということがありますが、重量税の時は上乗せしてくれるといったことはなかなかないといえます。80-10-100

重量税の場合は手放す際に納めてある額が残っているからと言って中古車の買取専門業者の方でその事実が配慮される場合はほとんどないものなのです。80-11-100

なので次回の支払い、分かりやすく言えば次の車検まで売却を保留し売るということがベストと思います。80-18-100

車買取の際は考慮されないのが重量税ですが、特定の場合だと戻ってくることもあるのです。

この事例というのは車検が残存している車を廃車にするケースです。

要するに抹消登録をすると残っている車検期間に従って税金が返金されます。

ただし中古車の買取の際はその自動車が廃車になるのとは異なり還付されません。

そして、クルマの名義を変更した場合や盗難被害に遭ったケースなども還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税が残っている期間がある愛車を売ることは車検が残っているクルマです。

それを買取側も忖度しますので自動車重量税の期間が残っていれば少しは買取金額はあがるはずです。

勿論、査定額は店により異なりますが車検の効力が残っている事実が忖度されれば手放す車の買取額と比べるとあまり払い損と考えることもありません。



  • 80-17-100
  • 80-4-100
  • 80-2-100
  • 80-19-100
  • 80-13-100
  • 80-14-100 80-15-100 80-8-100